組合の事業

国保組合が行う主な事業は、保険給付と保健事業の2つです。

保険給付

被保険者や家族の病気、ケガ、出産、死亡などのとき、療養の給付や給付金の支給を行います。

①医療給付

自己負担額

未就学児 2割
70歳以上一般所得者 2割
70歳以上現役並所得者 3割
一般(上記以外) 3割

②高額療養費の支給

自己負担額が一定額を超えた場合、その超えた分は組合から全額支給されます。

③出産育児一時金の支給

404,000円(産科医療保障制度加入医療機関にて出産の場合は上記金額に16,000円を加算して420,000円)

④葬祭費の支給

事業主組合員 80,000円
従業員組合員家族 70,000円

保健事業

被保険者の疾病予防・保健衛生普及・健康保持増進等を目的に下記の事業を実施する。

  1. 健康特定診査
  2. 特定保健指導
  3. 人間ドック利用補助(30歳以上対象)
  4. 健康家庭への記念品贈呈
  5. 家庭薬セットの配布
  6. 医療費通知の実施(年2回)
  7. ジェネリック医薬品の差額通知を実施(年2回)
  8. 各ブロック主催の体育・レクリェーションの大会に助成金を交付

PageTop

メニュー

メニュー